気を遣わせる離婚の報告、サラッと済ませました【どこまで&どうやって報告する?】

離婚・母子家庭記事

離婚が成立した後、しばらく悩んだのは「離婚したことをどこまで&どうやって報告するか」

離婚報告で気になるのは、「いかに相手に気を遣わせずに報告するか」ではないでしょうか。

気まずい雰囲気が流れたり、相手の重荷にはなりたくない。

そう思うとなかなか離婚したことを周囲に言えない。

でも噂とともに広まるのも抵抗があったので、自分から伝えていきました。

スポンサーリンク

仲の良い友人にはお礼とともに伝えた

仲の良い友人には離婚前から色々と相談をしていたため、調停離婚が成立した帰り道にすぐに報告。

相談していた数人の友人たちは事情や経緯を知っているため「おめでとう!」と言ってくれ、とても嬉しかった。

離婚した友人をお祝いしても大丈夫?離婚当事者が言われて嬉しかった言葉は「おめでとう」
やっとやっと離婚が成立して、新しい日々を過ごしています。子供が生まれた時が第二の人生だったから、今は子供と二人で歩む第三の人生。「調停するくらいもめて離婚したようなイチ離婚経験者がどんな気持ちでいるのか」それを伝え...

今まで相談してきた分、お礼とともに伝えるのもハードルが低かったです。

最近会っていない友人へのスマートな伝え方

「今は会えていないけどちゃんと伝えたい友人」には、個別にラインや電話で連絡を取りました。

「気を遣わせる」「今後会いづらくなる」等グルグル考えた末、努めて明るくサラッと報告。

「こんなことを報告したら気を遣わせてしまうかもしれないんだけど」という前置きで。

久々に連絡を取るいい機会にもなったし、「ああ、勇気を出して連絡して良かった」と思った。

迷ったのは「もうそんなにかかわりはないけど、年賀状のやり取りくらいはしている友人(知人)」

正直、仲の良い友人への報告だけで充分な気もするから悩みどころ。

でも、ウワサの中で伝わるよりは私から伝えたい。

長く迷った末に、結局寒中見舞いで報告。

「文面での報告で失礼だけど……」という感じで、一応年賀状は自粛しました。

年賀状で報告するのもなんか場違い感あるのと、年賀状で「おめでとう!」をした後に「離婚しました」と寒中見舞いが送られてくるのもなぁ……と。

調停離婚の経緯や離婚のきっかけなどは詳しく書きませんでした。

その後ラインで「頑張れ!」と連絡をくれたり、ハガキで返信をくれたり、特に何もなかったり。

反応は様々。

(傷をえぐられるような反応は一切なし。やっぱりみんな気を使ってくれたんだろう。)

ただ、直接言うより気を遣わせることはなかったかなと、私の中ではベターな方法だったと感じている。

離婚したらお引越しする人が多いと思うので、転居報告ハガキを出すついでに離婚を報告するのもアリではないでしょうか。

親戚に伝えられたくないなら両親に話しておく

私の場合はいつの間にか両親が親戚中に伝えていたため、私が伝えるまでもなく皆が知っている状態になっていました。

しかも「離婚した」という結果のみならず詳細な部分まで私の了承なしに伝えられていてちょっと……。

合わせて、全く関係のない両親の仕事先にも言いふらされていたという(笑)

両親のタイプ的にそういうことになりそうな場合は、念のため話を通しておいた方が良いでしょう。

少しずつ前に進めばいい

離婚報告をどうするかで悩んだあと、実際に報告を済ませてスッキリ。

こうやってひとつづつクリアしていくことで、離婚は過去になっていくのでしょう。

離婚後はあれもこれも一気に片づけたくなるかもしれないけど、後に回せることは後に回してでも自分の心に余裕を残しておいた方が良いと思う。

お互い少しずつ前に進んでいきましょう。

コメント