パンパースのギフトを交換したよ!【5000ポイントで学研のワーク3冊ゲット】

子供のいる暮らし

パンパースのポイントプログラムを貯めていたんだけど、おむつを卒業して以来すっかり存在を忘れていました。

先日各種ウェブサイトの会員登録やらパスワードの断捨離をしていた時に思い出して、久々にログイン。

もうポイントを貯めることはないだろうし、めぼしい物に交換することに。

とはいえ大してポイントは貯まっていません。

6000ポイントほど。

それだけではおもちゃ等とは交換できませんでした。

せっかくなので退会する前に幼児向けワーク3冊セットと交換したよ。

使っていたワークをやり終わったことろだからナイスタイミング
スポンサーリンク

パンパースはポイントがなかなか貯まらない

昔はことあるごとに「ポイント〇倍キャンペーン」があったようですが、私が貯めている時はほぼありませんでした。

(今はアプリが出ているから、そっちでお得なキャンペーンがやっているのかもしれません)

ポイントを入力するときにお得にポイントが獲得出来るやつです。

1度だけバレンタインか何かでポイント倍増してもらえた。

でもそれ以降は一度もなく、高額ポイントのものを交換している人はいったいどれだけのおむつ用品を消費しているのか気になる。

おしりふきも全部パンパースにしたら貯まりやすいのかな?

でもパンパースって高いですよね。

お尻の肌が弱い子だったため肌に優しい高いパンパースオンリーでやってきたけど、肌が強い子だったら他の安いメーカーのおむつにしていたかも。

しかしお試しでもらった安いメーカーのおむつはおしっこ漏れまくりだった経験あり。

(一回のおしっこで普通に染みてくる。)

「お値段高い」と文句を言いつつ、おしっこの量が多めな子はパンパースが一番安心な気もします。

結局、新生児~2歳半までおむつを使って貯めたポイントで交換できたのは「ワーク3冊」

約700円×3冊=2,100円程度得した計算。

おむつに使った額を考えるとおまけ程度です。

途中ポイントを入力しないままポイントコードの書かれたシールを紛失したこともあるため、まじめにやっていればもう少し貯まったかも?

しかし、その紛失分のポイントを入力していたとしても高額商品にはとてもじゃないが手が届かない。

兄弟子育てで3人くらいいたらいい商品に交換できそう。

とはいえ、パンパースより安いおむつが肌&子供のおしっこ量に合うのなら、ポイントプログラムで欲しいものを狙うより「安いおむつ×アマゾンで安く買う」の方が総合的に安く手に入れられると思いました。

注文後ギフトがなかなか来なかった

2週間くらいで手元に来ました。

メール便でくるとのことでしたがなかなか来ず。

「盗まれた?」と心配になってきたあたりで届きました。

口コミを調べたらみんな2週間前後待っているようです。

事前に本屋さんで中身を確認してから注文していたので、中身はバッチリ!

3歳ですが、夏が終わればじきに4歳になるため4歳向けワークにしました。

4歳のワーク「ちえ」」が特にいい感じです。

クルマの中でも出来る手軽さ&勉強感皆無。

4歳 ちえ (学研の幼児ワーク)

ワーク大好きなアプちゃんは大喜びでした。

つい私が面倒くさくて「お勉強はまた明日にしよう」とワークを出し渋るせいで、「やりたい!やりたい!」「お勉強がいい!」と騒がれます。

今から勉強漬けになんてしたくないけど、こういうので机に向かう習慣がつくのはいいなと思っている。

最近早起きのおかげで朝時間が余る事が多いので、ワークをやるときは朝保育園に行く前に1枚やることにしています。

子供と一緒に21時に寝る生活、メリットしかなかった【睡眠の質爆上がり】
少し前から21時寝4時起き生活をしています。今まで夜型の生活を送っていたのが信じられないくらいメリットしかなくて衝撃を受けています。子育て中ならなおさら、朝時間は夜時間とは使える時間の質が比べものにならないくらい良...

ポイントプログラムの退会方法

「よくある質問」から問い合わせフォームへ飛べます。

普通の問い合わせフォームとは別にポイントプログラム用の問い合わせフォームがあるので、ややこしいですが間違えないよう注意。

フォームから送信した直後に「2~3週間で退会処理が終わります」というメールが送られてきました。

あとは待つだけで退会終了。

ですが退会処理中にうっかりログインしてしまうと退会処理が上手くいかないことがあるそうなのでログインしないようブックマークやアプリは消しておきましょう。

ポイントプログラム終了はおむつを卒業した証

あれだけ毎日おむつを替えていた頃が懐かしい。

うんちが手に付いたりすると「早くトイレで出来るようになってくれたら楽かな」と思っていた。

今では失敗することも少なくなりトイレで用を足してくれている。

そうすると逆に小さなお尻におむつを替えていた頃が懐かしく感じる。

ギフト到着と同時にパンパースの登録を解除しました。

これでやっと、おむつ卒業。


コメント