暑くて子供と一つの布団だと眠れない!部屋は狭いが別布団にしてみた

子供のいる暮らし

アプちゃんが生まれてから3年と数カ月

ずっと同じお布団で眠ってきました

しかし暑いやら狭いやらで、一緒だと全然眠れない。

寂しい気持ちもありますが、別布団デビューしてみました。

スポンサーリンク

子供に抱き枕にされる。幸せだけど……

毎晩眠りながら転がってきて抱き枕にされています。

磁石でもついてるんじゃないかってくらい、少し離しておいても必ずこちらへ転がってくる。

可愛いし嬉しいんだけど、暑すぎて限界を迎えました。

(冬は湯たんぽと眠ってるみたいで気持ちいいんだけど)

アプちゃん自身も滝のような汗をかいて眠っています。

寝ながらにして熱中症or脱水になりそう。

私も暑すぎて寝付けない。

自分時間確保のために21時寝4時起きを実践してたのに、そもそも最近暑すぎて入眠できないから朝も起きられません。

子供と一緒に21時に寝る生活、メリットしかなかった【睡眠の質爆上がり】
少し前から21時寝4時起き生活をしています。今まで夜型の生活を送っていたのが信じられないくらいメリットしかなくて衝撃を受けています。子育て中ならなおさら、朝時間は夜時間とは使える時間の質が比べものにならないくらい良...

日中も眠い。

頭がぼーっとするし、気力がわかない。

お互いにまともに寝返りも打てません。

そろそろ別布団にするいい機会。

布団2組置けないから、お昼寝布団を夜用に流用

保育園のお昼寝布団、コロナで休園中に用済みになってしまいました。

(アプちゃんの保育園では3歳の春でお昼寝卒業のため)

↑こういう感じのやつ

「初めての保育園で不安だろうから、せめてお昼寝時間は安心できるように」

とある程度の厚さのあるいい布団を買っていた。

全然使わなかったし売ろうと思ってたけど、これを夜布団に使っちゃおう。

お昼寝布団がコンパクトなため、狭いながらもクローゼットとベッドの隙間にぴったり敷くことができました。

足の踏み場ほぼなくなった

部屋が机&布団&ベッドでギュウギュウ。

使っていない折り畳みマットレスでかさ上げした上にお昼寝布団を置いたので、寝心地がとてもいい。

タンスのゲン 三折 純 高反発マットレス シングル 厚み10cm 密度25D 190N 低ホル パイル ブラウン AM 000062 02 (61156)

ミニベッド状でかわいいし、上から天蓋でも垂らしたらアプちゃん喜びそう。

私のベッドがロータイプなので、ちょうど高さもおなじくらい。

顔が見れる。

新しい寝床を披露したところ、秘密基地感あふれるベッド部屋にアプちゃんはテンション爆上がりでした。

(私のは折り畳みベッドなので、普段は折りたたんでいます。)

ミニベッドは片付けが面倒だから基本的には出しっぱなしにしています。

シングルベッドに一人で寝るのは驚くほどよく眠れるよ

別部屋で寝て欲しい私の発熱時すら、いつだって一緒に寝てきた。

(ママとがいい!と何が何でも布団に潜り込んでくるため。)

旅館に泊まる時だって、アプちゃんの布団があるのに私の布団で一緒だった。

別布団でスムーズに寝れるかな?

と心配してたら、普通に寝てくれた。

寝心地が私の使うベッドより格段に良いためか、今までではありえないくらいスムーズな入眠

心配していた滝のような汗もなし。

じっとり汗ばむ程度です。

やっぱりアプちゃんも暑かったんだよ……。

最近寝起きが悪かったのも、きっと眠れていなかったからじゃないかな。

あんなシングルベッドにぎゅうぎゅう詰めで、いくら子供でもちゃんと眠れるわけがない。

子供と布団を分けるメリット

久しぶりの一人ベッドは快適すぎてぐっすり。

毎日無理な姿勢で寝るせいで肩が痛かったのが、一人ベッドになって良くなってきている。

腕も足も広げて眠れます。

「寝返りで真横にいる子供の腕等を踏んでしまうかも」という心配も消えました。

夜中に蹴られたり殴られる心配もありません。

子供が寝返りをうつだけで腕が飛んでくる心配皆無。

  • 手を体の横に下ろして眠れる
  • 寝返りが打てる
  • 熟睡できる
  • 涼しい
  • 蹴られない

もう子供に当たらないようにミイラみたいなポーズで寝なくていい。

ミイラ寝は腕が痛くなる。

夏本番でもないのに汗だくで目覚めなくてもいい。

もちろん子供とくっついて眠るのは幸せです。

しかし我慢し続けて熟睡できない日がいつまでも続くのは、自分の余裕を削っているのと同じ。

夜寝てるときまでくっついてなくても、朝や寝る前等の一緒にいられる時間にこれでもかというほどくっついているので正直夜はゆっくり寝たいところ。

ちょうど段差があるため、うまいこと転がってこない。

でも夜に寂しくなったらこちらのベッドにきてくっついてくる。

それで私もくっついていると本人も暑くなるのか、自分から来たのに「ママあっち行って」と冷たいこと言って自分のミニベッドへ帰っていきます。

よっぽど自分専用ベッドを気に入ってくれたみたいで良かった。

しばらくはこの就寝システムで様子を見てみよう。

離れて寝るのも自立の一歩

「離れて寝る」と言っても真横に寝床を並べているだけです。

それでも格段に睡眠の質は向上しました(親子ともに)。

寂しくて同じ布団で寝たがっているのを無理に別布団で寝かせる必要はない。

でもシングル布団で身動き取れない状態で寝つづけてお互いに寝不足になっているなら、別布団で寝るいいきっかけだと思う。

夜熟睡できる日々ってサイコーですよ。



コメント